初めてのヒッチハイク【中国地方一周】

Pocket

一年前、大学に入って初めての夏休みのことだった。
せっかく二ヶ月も休みがあることだしどこか旅に出るのもいいかなと、僕は中国地方一周を企画した。
中国地方一周が目的というよりは、山口県にある角島というところに行ってみようと思ったことがきっかけとなり旅に出たように思う。
それも初めはヒッチハイクする気満々で行ったわけでもなく、青春18切符を片手に電車に乗り込んでのスタートとなったのだった。

山陽の都市をマニュアル本に沿った様な観光をしていたわけだが、それはそれで楽しんでいた様に思う。
契機は突然、または仕組まれた様に訪れた。
そもそも目的地である角島が、車でしか行けない場所であったのだ。
田舎の観光案内所の様なアットホームな場所でダンボールとマジックをもらい、初めてのヒッチハイクが始まった。
僕は車が止まりやすそうな場所の前で目的地をかざし、親指を上げた。

スムーズすぎるくらいにヒッチハイクは成功した。
合計8台の車に乗せていただいて、旅は終わりとなった。旅を終えた頃には「ヒッチハイク最高!」ってなっていた。

 

なぜヒッチハイクが最高なのか

移動費がかからない。

むしろ時々、何かを恵んでくれることがある。経済的すぎる!今回の旅では、途中で寄った島にあるカフェでデザートを奢ってもらった。

現地の人と交流できる。

ヒッチハイクをしなければ、現地の人と話す機会はほとんどないだろう。地元の話を聞いたり普段接することのない人と関わったりできるのはヒッチハイクならではだろう。

誰でもできる

ヒッチハイクは誰でもできる!周りの人たちも睨んできたりはしないし、特別な能力は必要としないだろう。しようと思えば誰でもできる!乗せてくれる人がみんないい人とは限らないので、そこに関しては注意が必要だが、日本は安全な国だし、悪い人がわざわざ車に乗せようとは思わないのではないのか(あったとしてもごく稀だろう)と個人的には思う。

 

今回の旅のおすすめスポット

角島

角島らへんの海は透き通っていてすごく綺麗だった!おすすめ!

歴史的な建造物が残っていて、とても良かった!

下関

下関の市場(唐戸市場)で食べたフグの唐揚げ、美味しかった!おすすめ!

山口県

上にあげたのは全部山口県だが、山口県民はヒッチハイクもすぐに拾ってくれたし、なんていい県なのだろう。山口県、おすすめ!

広島市

広島駅の中や周辺にはお好み焼き屋さんが沢山あって、テンションが上がったし、お好み焼き美味しかったのでおすすめ!

Pocket