FP3級受験体験記

Pocket

どうも、ファイナンシャルプランナーです。

2017年5月28日にFP3級の試験を受験して、多分合格したので、急に今日から名乗り始めます。

でも、合格通知書とかないので今のところ、自称ファイナンシャルプランナーですかね。

勉強方法とか試験の説明は他のサイトで詳しく書かれてるので、あまり詳しくは触れないでおきます。

 

動機、目的

FP(ファイナンシャルプランナー)っていうのは、年金、保険、不動産、税金、資産運用などの知識に関するスペリシャリスト、やと思っています。
一つの業務を掘り下げるというよりは、金融に関する幅広い知識を持つという感じです。

FPの資格は3級から1級まであるけど、3級は結構簡単な資格みたいです。

この資格を取る目的は、金融の知識を深めるためやと思います。
実際、3級の勉強で、日常で聞くような金融の用語は大体意味がわかるようになるので、目的に叶った資格やなと思います。

僕の場合は、大学で保険数学の授業があり、せっかくやし金融の一般的な知識もつけとこかなという気持ちで受験を決めました。

 

テスト体験

テストの二ヶ月前ぐらいには教科書を買って、一ヶ月前ぐらいに少しパラパラ見て、一週間前に教科書をがっつり覚えるという勉強で合格できました。

ちなみにこの資格には学科試験と実技試験があります。どちらも、60%が合格ラインです。

試験前日の11時ぐらいに、初めて過去問を解いてみて、学科試験は合格したものの、実技試験は40%ぐらいしか点数がなく、もう終わりだと思っていた(今日は徹夜だと思っていた)らFP2級の実技試験を解いていたという事件がありました。

まじで心臓に悪かったです。

まず、過去問は流石に三日前ぐらいには一回解いてみた方がいいと思います。
過去問を解いたら大体どんなところを覚えたほうがいいのかが見えやすいです。

個人的にオススメの書籍はこれです。僕が持っているのはこの本の一個古いバージョンです。

配色がわかりやすいし、デザインも可愛いし、内容に関しても、覚えるべきところは赤色で示してくれるのでわかりやすいです。
出るって書いてるところをある程度覚えといたら合格できると思います。

試験会場で見渡しましたが、あんまりこれを持ってる人は意外といなかったです。結構新しい本やからかな?と思いました。
もし、僕が次に2級も受けるとしたら、これの2級版を書います。

僕は京都の会場でテストを受けました。
思ったよりも多くの人が受験していて、驚きました。

僕が受検した部屋には500人ぐらいの受検者がいたように思います。
他にも部屋があったので、2級と3級を合わせると1000人以上が受けていたと思います。
年代は20代(特に前半)が一番多く、30から50歳ぐらいまでの人もある程度はいたように思います。
男女比もほぼ半々、少し男が多いぐらいでした。
年代に関しては、京都に学生が多いこともある程度影響しているように思います。

就職前に必要だと取る人とか、実務で使うために取る人とかが結構いるのかなという印象でした。

 

結果

模範解答による採点によれば、学科・実技共に80%ぐらいの点数が取れているので合格したと思います。
個人的には、税金に関する知識が深まったのが良かったと思っています。

2級を受検するかどうかはまだ迷っています。でも3級で終わるのもなんか勿体無い気がするし、受検してみてもいいかな?という感じです。

Pocket