YouTubeでLive配信したら、世界は変わりますか?

Pocket

あれがベットの中だったかお風呂の中だったか思い出せない。たぶんトイレの中だっただろう。
僕が今までしてきたことや僕がこれからしようとしていることと照らし合わせて、今何かできることはあるかと考えていたのだが、思いついた。

「YouTubeでLive配信しよう!」

そんな感じで、Live配信をした。
「京大理学部数学科の人が数学の質問とかその他なんでも答えていく」という動画を作った。
振り返って観てみると、文字数の関係かただのミスか「京大理学部数学科の人が数学の質問とかその他なんでも」で切れていた。悲しい。

そして、実際にLive配信を終えた時、こんな気持ちになっていた。

YouTubeでLive配信したら、世界は変わるかもしれないと。

 

配信前

僕はYouTubeで動画を配信すると決めた後に、こんなツイートをした。

こんなツイートをしたのは、単にどれぐらいのニーズがあるのかを、まずはフォロワーレベルで確認したかったからだ。

ニーズがなかったら本当に僕は適当に配信しながら一人で勉強をしておこうかなと思っていた。

そして、予想を信じられないほど上回るまではいかないが、ある程度上回る反応があったので「これは本腰を入れて配信をしなくてはいけないな」と思っていた。

とりあえず、この配信を成功させるためにはコメントをたくさんしてもらう必要があるなと思った。
というのも、YouTubeでコメントをするためには、アカウント登録のようなものが必要になるし、コメントを投稿するには少し敷居が高いと思ったのだ。
それに、YouTubeでは画像を共有することができない。例えば、教科書のわからない問題を写真を撮って気軽に質問できたらいいのに、それはできない。

そこで僕は登録不要でコメントを投稿でき、また画像も投稿できるサービスを作ることにした
これによって気軽にコメントすることができるし、画像によって質問を投稿することも、僕が画像を投稿して解説することもできると思ったのだ。

Live配信の二時間前にサービスをなんとか完成させた。結果的にコメントフォームのところは配信中も使ってくれる人は結構いた。残念ながら画像を使って質問を投稿してもらえることはなかったが。(よくわからない画像は投稿してもらえた。)

合計約1日でサイトを完成させることができたのは、結構自信を持てた。こんなスピード感でウェブアプリを作れるようになれて、単純に嬉しかった。(先輩の研究室にまで押しかけて、エラーの相談を聞いてもらえたおかげで画像のアップロードができるようになったのだけど。感謝!)

そんな感じで、少し大げさに思えるほどの準備をしてLive配信に臨んだ。

 

配信中

21時に配信を開始して、約1時間配信をしていた。

最初、「分数の割り算をするということと、その逆数を掛けるという行為が同値であることを説明してください」とコメントがあった。

「あー、昔考えたことあったな」と思うも、すぐには答えが出ずにずっと考えて、時間がただただ経過していった。Live配信の緊張と久しぶりにそういう根源的な問題を考えたということがあったのだろう。

結構時間が経った後、ようやくわかりやすい説明ができて、安心した。「こういう質問はブログ記事にもしていこう」とも思った。それからもいくつか質問に答えながら、無事に配信を終えた。

配信は楽しかった。まだまだ、配信者にとっても視聴者にとってもいい環境だったとは言えないが、それでもコメントによって視聴者との距離が近かったので、僕のミスもなんとか取り繕えた気がする。

 

配信後

配信後、こんなツイートがあった。

これは素直に嬉しかった。

第一にこの人が、僕の知らない「誰か」だったこと。
僕の配信を求める「誰か」に届いたのがとてつもなく嬉しかった。
もちろん、元から僕の友人で、興味を持って配信を見てくれただけで、めちゃめちゃ嬉しいのだけど、配信自体が世の中のニーズに応えられたと実感できたのが感動的だった

これがもし、僕の友人だけにしか届いていなかったら、この配信は自己満足に終わっていたことだろう。しかし、第一回の配信でこんなツイートをしてもらえて、僕の配信を求めている人が、日本にはもっと何人もいるだろうということを感じた。

 

これからの展望

そもそも、僕はどんな配信をしたいのか。

まず、ラジオのパーソナリティのように、うまく話すこと。これは全然できなかったなあ…。でもこれは慣れの気もする。雑談とかも交えたい。
もっと、聞いていて面白い配信をしたい。

それに、今回はコメントにすぐに気づかなかったので、気付きやすくなるような工夫もしたい。

今回のままでは終わることはできないので、これからも配信していこうと思っている。

このプロジェクトはすぐに視聴数が爆発しないと思うので、長期戦になるとは思うが、できる限り続けてみたい。週一か週二のペースで配信していくつもり。

応援とか乱入とか、なんでもウェルカムなんで、いろんな人が配信を見てくれることをほんっまに楽しみにしています!

Pocket