英語の発音いいねってよく言われるのでコツをまとめる

Pocket

僕の中学生の頃の英語の勉強方法は、英語の歌を聴いて、歌詞を覚えて、歌うというものだった。

おそらくそのおかげもあって、外国人や日本人によく発音を褒められる。

当然最初はめちゃくちゃな発音だったわけで、自分の中で発音のルールを決めていくうちにうまくなったのだろう。
大して難しい内容ではないと思うので、ぜひコツをマスターしてほしい。

 

前提条件

日本語読みを絶対してはいけないところ

非常に基礎的なことだが、”am” を「アム」”ing” を「イング」などと発音してはいけない。
“am” は「ア」と言った後に口を閉じる。
“ing” は「イン」と言えば良い。
“well” は「ウェ」と言った後に舌を上顎につける。
“kid” は「キッ」と言えば良い。
つまり、単語の最後が子音で終わるようなものは、日本語読みしてはいけない!

カッコつけて発音していい

英語の発音を披露するタイミングが来たら、思いっきりカッコつけたほうがいい。
抑揚をつけることも意識して(音程やリズムを変化させる感じで)喋ろう。

 

5つの大切な発音

この5つが完璧に発音できるようになれば、もう怖いものはないだろう。
重要な順に並べていく。

“r” は絶対に舌を上顎につけるな!

“R” と “L” の発音の違いは舌を上顎にくっつけるかどうかである。”R” は絶対につけずに、”L” はしっかりとくっつけるのだ。

“th” は思いっきり舌を噛め!

実際の会話では舌で上の歯茎を押すぐらいのイメージでいいのだが、慣れていないうちは思いっきり舌を噛むと良い。
“th”を”s”のように発音するのは良くない。

“f”, “v” はしっかりと下唇を噛め!

しっかりと噛むと良い。それだけだ。
噛まなければ “h” や “b” に聞こえるのだ。

“a” は「エ」の口で「ア」っていう時もある!

“bag” と “bug” の発音を区別するものは、「エ」の口での「ア」か、「ア」の口での「ア」かということである。
“bag” →「ベァg」
“bug” →「バg」
といった風である。
これは意外と重要な違いであり、体感でいうと「好き」と「月」くらいの差がある。
しっかりと使い分けるべきである。

“tr”, “tly” は “t” の後に勝手に母音を入れるな!

例えば “strawberry” の “str” の部分は、声に出さずに「スチュ」という感じである。
声に出さずにというのは小声で喋る時と同じ風に発音する。
喉に手を当てて、振動していないことを確認しながら発音すると良い。
“storawberry” とはならないように注意すること。

また、”honestly” などの “tly” だが「オーネストリィ」とか「オーネスチュリィ」と発音するのではなく、”honest” と “ly” に分けて発音する。
この時に、”t” と “l” 繋げて発音しようとしなくて良い。
つまり「オーネスリィ」みたいな感じになるはずだ。

 

練習問題

five

“f” も “v” も下唇を噛むこと。

structure

声に出さない「スチュ」 を意識して「(スチュ)ラクチャー」 と言えば良い。
この時の「ラ」は舌を上顎につけないこと。

through

舌を噛んで、その後 “R” の発音をすれば良い。

exactly

“a” は「エ」の口の「ア」である。
“tly” に注意すると、「イグゼァkリィ」のようになるはずだ。

 

総合

まずは “r” と “th” の発音を意識すれば良い。
この5つの発音がしっかりと出来るようになれば確実に発音力が上がるだろう。

Pocket