テクノロジー

2/3ページ

STUDY WITHというサービスを公開しました

STUDY WITHは、一緒に勉強する相手とランダムでマッチングし、ビデオ通話や音声通話を可能にするサービスです。https://studywith.it1.jp からアクセスしてみてください。   STUDY WITHの使い方 まず、このサイトにアクセスすると、マイクとカメラへのアクセスを許可するかどうか聞かれるので、許可してください。 カメラを写すかどうかと、マイクを消すかどうかは後 […]

最高の新規サービスの作り方

  • 2017.12.03

CAMPHOR- Advent Calendar 2017 の 3日目の記事です。   第0章「まえがき」 特に何もしたわけでもないのに疲れて、ベッドで眠りに落ちる数秒手前。 ふと新規サービスのアイディアが湧いてきて、「いけるぞ!」なんて一人で呟きながらベッドがら飛び起き、部屋の同じ場所を何度もくるくると回る。 それに伴う苦労は目に映らず、なぜかサービスが上手く回っている未来が、暗い部屋 […]

Django のテンプレートエンジンで配列の要素数を取得したい

  • 2017.08.28

Django の話です。ちょっとした技術ネタなのでボリュームはないです。 view で、例えば posts とかいうリストをテンプレートに渡しているとしましょう。 そして、リストの個数を取得したい時、Python風に言うとこうしたいです。 <p>{{ len(posts) }}件の投稿</p> でもこの関数はテンプレートエンジンの中では動きません。 <p>{{ […]

ある期間中における死亡率を計算してくれるウェブサービスを作ったよ

  • 2017.06.19

平均余命、80歳。 そういった平均を聞かされたところで、全く現実味がない。 だいたい自分が80歳ぐらいで死ぬのだなとは思う。 ただそれが、毎日生きていく中では、ほとんど役に立たない指標であることは確かだ。 平均余命よりももっと僕たちが知りたいことは、5年や10年など、ある期間のうちに自分が死んでしまっている確率ではないだろうか。 ある人は今ベッドで布団にくるまってこう考えているかも知れない。「僕は […]

Rails Tutorialは半分だけやれ?!!

  • 2017.03.19

ちょっと前にRails Tutorialを全て終えたので、良かったところとか悪かったところとかを語ろうと思う。   Rails Tutorialとは RubyのRuby on Railsというフレームワークがあって、それを使えるようになるためのチュートリアルのこと。 ここでいうフレームワークっていうのはクラスやライブラリの集まりのこと。 よくわからない人は、Ruby on Railsをイ […]

日本の人気曲で一番使われている英語のフレーズはアレだった!

  • 2017.03.10

ついにフリー素材をアイキャッチ画像に使ってしまいました。 まあ味気ない画像よりもね、華やかな女性の画像の方が誰にとっても嬉しいんじゃないかって思うわけですよ。 てな感じで今日は! 日本の人気曲で一番使われている英語のフレーズを調べてみようと思います!   方法 Pythonを使って、スクレイピングします。 スクレイピングっていうのはwebの情報をうまいこと拾ってくる技法のことです。 歌詞 […]

RubyでLINEのbotを作るために必要だったことまとめ

  • 2017.02.17

Rubyの書き方も知らない。botの作り方も知らない。HTTPサーバーの設定方法も知らない。アプリケーションサーバーが何かもわかっていない。 そんな状態だった僕が、「数字博士」という人気(?)のbotを作るために必要だった知識をまとめます。「数字博士」は送った数字の特性を返してくれるbotで、使い方はこの記事を読んでもらえればわかるかと思います。 スマホの方はこちらから友達登録できます。 パソコン […]